スローシャッター

フィルムカメラでのんびりと写真を楽しんでいます。  旧版は。。。http://blogs.yahoo.co.jp/cg3338

山茶花  

プログの引越しをして一年になりました。
ご訪問&コメントいただいた皆さん本当にありがとうございました。
また来年も「スローな気分」でシャッターを押してゆきたいと思います。
それでは皆さん良いお年をお迎えくださいませ。



CONTAX T3, Kodak EB-3

category: スローな写真・花

tb: 0   cm: 4

流山街歩き ~その4~  

一茶双樹記念館庭園の写真最後の一枚です。


こちらはすぐ近くのティーサロンの敷地にある紅葉。
秋の陽射しを浴びで燃えるような色合いがとっても綺麗。


流山街歩きの最後にやってきたのは赤城神社。
ここは流山という地名発祥の伝説がある神社です。
洪水の際に群馬県赤城山の山体の一部がここに流れ着いたという伝説です。
そんな伝説がなるほどと思わせるように江戸川沿いの平坦な土地に小高く盛り上がった台地の上に社があります。




江戸川にやってきました。
傾きかけた陽射しを浴びながら広い空の下をのんびりと歩きます。


風も無い静かな午後。


流山の街歩きを終えて帰路に着きます。


流山の駅には赤城号が待っていてくれました。
赤城号に乗って帰ります。


松戸市にある幸谷駅で赤城号を見送ったら流山の街歩きの終りです。


PENTAX LX, smc PENTAX FA 31mm F1.8AL Limited, M 50mm F2, AGFA CT Precisa 100

category: スローな写真・スナップ

tb: 0   cm: 0

流山街歩き ~その3~  

お昼ご飯の後にやってきたのは万華鏡ギャラリー。
明治に建てられた蔵造りで昭和中頃まではお茶屋だったそうです。


日本だけでなく海外の作家のものまでたくさんの万華鏡が置いてありました。




路地を抜けて街歩きは続きます。
右手にあるのは住宅街の中に建つキッコーマンのみりん工場。
昔から野田は醤油みりんは流山で有名なところ。


一茶双樹記念館です。
小林一茶と交流があったみりん醸造創設者(俳号を双樹と名乗った)による施設で流山市指定史跡となっています。
いくつかの茶室とみりん関係の資料の展示室があります。


一茶双樹記念館の庭園は綺麗に色付いた紅葉がちょうど見頃を迎えていました。


紅葉ギャラリーをお楽しみ下さい。






茶室からの庭園の眺め。
秋の風情を静かに味わいました。




PENTAX LX, smc PENTAX FA 31mm F1.8AL Limited, M 50mm F2, FA 77mm F1.8 Limited, AGFA CT Precisa 100

category: スローな写真・スナップ

tb: 0   cm: 0

流山街歩き ~その2~  

駅を後にして流山の街歩きをはじめます。
休日の駅前広場は人もまばらで静かそのものです。


幕末に新撰組が屯集した地の流山。
駅から歩いて2,3分のところに近藤勇陣屋跡があります。


すぐ隣にある閻魔堂。
本尊の閻魔様がお堂の奥から睨みを効かせています。




狭い路地をぬけてやってきたのは常与寺。
常与寺は鎌倉時代に創建された日蓮宗の寺院。「千葉師範学校発祥の地」として知られています。


古い街並みが僅かに残る旧流山街道沿いで見つけた蔵造りのお店。
イタリアンレストランというのがなんだかミスマッチで面白いです。


街道を少し歩いたところにある浅間神社。
神社の裏手には富士塚があったので富士登山をやってみました。




次に見つけた蔵造りのお店は明治に建てられた呉服の新川屋。


またまた蔵造りのお店を見つけました。
流山あかり館という和紙と竹細工で作られた灯りのお店です。
お店に入ってみるとほんのりとした優しい灯りに包まれた空間が広がっていました。




お腹も空いてきたので駅前の通りにある洋食屋さんで遅めのお昼ご飯にします。
流山の街歩きはまだまだ続きます。


PENTAX LX, smc PENTAX FA 31mm F1.8AL Limited, M 50mm F2, FA 77mm F1.8 Limited, AGFA CT Precisa 100

category: スローな写真・スナップ

tb: 0   cm: 0

流山街歩き ~その1~  

流山鉄道に乗って流山に行って来ました。
流山鉄道は千葉県松戸市と流山市を6駅で結ぶ超ローカル鉄道。
全区間はたったの5.7キロです。のんびりとした電車に揺られて行ってきた流山の街。
歴史のある街並みと綺麗に色付いた紅葉を楽しみながらの流山の街歩きです。

出発は松戸市の馬橋駅。
スイカは使えません。切符を買って乗るスタイルが楽しい感じです。
昼の時間帯は一時間に3本のダイヤ。電車が来るまで駅の近辺を歩いてみます。


馬橋駅から歩いて5分程度の王子神社。
のどかな七五三のお参りの光景です。


神社のすぐ隣にある萬満寺。
鎌倉時代からつづく由緒ある古刹です。色付いた葉が冬の陽射しで綺麗に輝いていました。








馬橋駅に戻ってきました。しばらくすると流馬号が駅に入ってきました。
流山鉄道の電車は以前は西武線で活躍していた電車。
今は1編成ごとに愛称がつけられてこの地で頑張っています。


単線を走る電車が唯一すれ違う駅。馬橋駅から2駅目の小金城址駅にやってきました。
駅の近くにある大谷口歴史公園がかつての小金城跡です。ここで電車のすれ違いの風景を撮鉄します。




先程すれ違った赤い電車の赤城号がやってきました。赤と青の電車の入れ違いです。
赤城号に乗って3駅目が終点流山です。




終点流山駅にやってきました。
駅には黄色の菜の花号と、明るい緑色の若葉号が休んでいました。
駅のベンチで見つけたのは可愛い座布団。流山鉄道を愛する街の人の気持ちが伝わってきます。






PENTAX LX, smc PENTAX FA 31mm F1.8AL Limited, M 50mm F2, FA 77mm F1.8 Limited, AGFA CT Precisa 100

category: スローな写真・スナップ

tb: 0   cm: 0

薔薇  



CANON F-1, New FD 50mm F1.4, FUJI RDP3

category: スローな写真・花

tb: 0   cm: 0

冬の空  



NIKON F3, Ai Nikkor 35mm F2S, FUJI RDP3

category: スローな写真・風景

tb: 0   cm: 2