スローシャッター

フィルムカメラでのんびりと写真を楽しんでいます。  旧版は。。。http://blogs.yahoo.co.jp/cg3338

イタリア&スイス一人旅 ~その10~ チンクエテッレ 前編  

今日もフィレンツェ近郊のショートトップに出かけます。
出かけるのはチンクエテッレ。チンクエテッレとはイタリア語で「5つの土地」という意味。イタリア北西部のリグリア海の沿岸にある5つの小さな村の総称です。
この5つの村は11世紀に要塞都市として建設され、以後千年にわたって隣の村との往来は船で行われていました。陸路から孤立したこれらの村には今も往時の面影が色濃く残っています。チンクエテッレはワインの産地としても知られているところ。こちらのほうも楽しみです。
ショートトップに出かける前に、B&Bをチェックアウトしてフィレンツェの街の中心にあるホテルに宿替えしなければなりません。今日は朝から慌しい一日になりそうです。

ミニバス乗り場のロータリーから撮った朝の通勤時間の風景です。朝の慌しいのはどこの国も一緒です。

ガイドブックでホテルの場所を確認しながらホテルに向かいます。重い荷物を提げて向かったホテルは違うホテルでした。そのホテルで案内された別のホテルでもウチじゃないと。そこで案内されてやっと今日のホテルにたどり着きました。原因は私の単純ミス。ガイドブックの地図にはホテルの名前から矢印が引いあって、名前が書いてあるところでなくその矢印をたどったところがホテルの場所なのでした。

ようやくたどり着いたホテル。ホテルの到着が大幅に遅れて電車の出発に間に合うか微妙な状況。

ギリギリセーフで間に合ったラ・スペイツィア行きの電車。ラ・スペイツィアはチンクエテッレのすぐ手前のターミナル駅。斜塔で有名なピサを通って行きます。時間はないけど写真だけはしっかり撮ります。
フィレンツェの駅を離れピサ方面に向けて列車は走り出しました。

列車はアルノ川の下流の橋を渡っているところです。

2時間半でチンクエッテレの玄関口ラ・スペイツィアの駅に到着。ここから5つの村の駅に止まる電車に乗り換えます。みんな目的地は同じ。なんとなく団体旅行みたいになってます。

列車は最初の村、リオマッジョーレの駅に到着です。切立った崖の上に駅があります。

駅から眺める海はこんな感じ。紺碧のリグリア海の眺めです。

駅から崖をくりぬいたトンネル歩道を通ってリオマッジョーレ村にやってきました。村は小さな港があるだけです。


小さな村の小さな港。紺碧の海に切立った崖。可愛らしい家が崖に張り付いたように建っています。

岩場の小道を通って崖の上にやってきました。小さな船がのんびりと波にゆられています。

港に下りてみました。港からの村を見たところです。

ちょうどお昼になったので昼ご飯にします。グリーンピースのパスタと幻のワインと呼ばれる村名産のシャケトラです。とっても甘くて美味しいワインでした。

次はシーフードフライとピエモンテ産の赤ワイン。シーフードフライはカリカリに揚げてあるだけでいまいちでしたー。

さて、あんまりのんびりもしていられないので活動を開始します。次の村マナローラにはヴィアデッラモーレ「愛の小道」と呼ばれる綺麗に整備された道を、潮風に吹かれながらのんびりと歩いて行きます。

海を横切る船も...

...のんびりとした気分で見送るとこんな感じにみえます。

のんびりと30分程歩くと次の村マナローラにやってきました。

崖の上から村に下りてみます。


海辺ではおじさんが水遊び。静かでのんびりとしたものです。

これがマナローラの家々です。

次の村コルニーリアへは崖の上の山道でつながっています。しかし山道は通行不能になっていたので列車で移動します。山道歩きを楽しみにしていたのに残念。

列車はトンネルひとつくぐってあっという間にコルニーリア駅に到着。駅は村はずれの海岸にあります。

線路をくぐった反対側のホームです。澄み切った空と眩しい太陽の光。すこし汗ばむような陽気です。

海岸から坂道を上ってコルニーリアの村に向かいます。

坂道を景色を楽しみながらのんびりと...。


ASAHI PENTAX KM, PENTAX-M 28mm F2.8, M 35mm F2.8, M 50mm F2, Kodak EB-3

category: スローな写真・旅 海外

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

宮崎アニメに出てきそうな街並が面白いです。いつか行ってみたいです。

URL | keizo-f #-
2013/09/12 10:19 | edit

Re:

keizo-fさん
アマルフィーも海辺の町として有名ですが
村と村の間の山道歩きが楽しそうだったのでこちらにしました。
村と村を行き来する船にも乗りたかったのですが時間の都合で断念しました。
...keizo-fさんも是非是非行ってみてください。

URL | cg3338 #-
2013/09/14 00:20 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cg3338.blog.fc2.com/tb.php/113-16f790ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)