スローシャッター

フィルムカメラでのんびりと写真を楽しんでいます。  旧版は。。。http://blogs.yahoo.co.jp/cg3338

イタリア&スイス一人旅 ~その11~ チンクエテッレ 後編  

「5の土地」チンクエテッレの後編は3番目の村コルニーリアから続きます。
コルニーリアはチンクエテッレで一番小さな町。町は入り江の岬の上にあります。コルニーリアからはいよいよ山道を歩いて次の村に向かいます。崖の上の山道から見下ろすリグリア海の眺めが楽しみです。

海岸にある駅から坂道を登ってコルニーリアにやってきました。チンクエテッレで一番小さな村といっても立派な教会はちゃんとあります。

村の中心は広場になっていてお店や小さなホテルがあります。広場から海のほうへ行って見ます。

海が見えてきました。思っていたより海はまだ遠いようです。

階段状になった崖を下りたら海に行けるようです。これから山道歩きがひかえているので海まで下りるのは止めにしました。

村の中心に一旦戻り一休みしてから山歩きを始めます。コルニリアから4番目の村ヴェルナッツァまでは4キロの山道を一時間半かけて歩きます。綺麗に舗装された道をしばらく歩くと山道に入ります。

海に続く斜面に張り付いたようなコルニーリアの村の家々です。

石畳になっている山道。ドイツ語を話す人たちの後に続いて歩きます。一人ぼっちじゃなかったので少し安心です。

振り返ると崖の上に取り残されているようなコルニーリアの村が小さくなっています。

随分と海が遠くになりました。

足を踏み外さないように気をつけて進んで行きます。

山の中でネコくんの突然のお出迎え。

遠くに潮騒を聞きながらのんびりと歩きます。

水平線がなんとなく丸く見える海。随分と村が遠ざかってきました。

山道を下っています。海からの照り返しの陽射しがとても綺麗。

崖に張り付いたサボテンの先には広い海が広がっているだけ。コルニーリアの村は見えなくなりました。

海に向かって建つ小さな祠。

一時間半歩いたところで、ようやくヴェルナッツァの村が見えてきました。

ヴェルナッツァの村を見下ろす崖の上までやってきました。村に下りてみます。

可愛い花が出迎えてくれます。

村に到着したのは午後6時半。随分と日が傾いてきました。

これが駅から海岸に続く村のメインストリート。


海岸にやってきました。空の色が変わってゆく静かな時間です。

港に面した入り江にせり出すようにして建つ教会。西日を浴びて黄金色に輝いています。

波打ち際で静かに夕日を見送ります。

夕日を見送った後は5番目の村モンテロッソ・アル・マーレに行くのはあきらめて列車で帰ることにします。5つの村全部は回りきれなかったけど綺麗な海を眺めながら山歩きを満喫することができました。5番目の村をいつの日か訪れることを一人でひっそりと誓います。

帰りの列車から暗くなってゆく海にサヨナラです。

フィレンツェまでの帰りの途中。午後の9時半過ぎです。ピサまで戻ってきました。

午後10時半発のフィレンツェ行きの列車を待っています。どうやら今日中にはフィレンツェに戻れそうでヨカッタ。

午後12時です。やっとホテルに戻ってきました。せっかくいいホテルに泊まるというのに寝に帰るだけになってしまいましたー。

かつて王妃の邸宅だったという19世紀のフィレツェ様式のホテル。部屋はあまり広くはないけれど天井の木製の梁と重厚な調度品がいい雰囲気の部屋でした。

ASAHI PENTAX KM, PENTAX-M 28mm F2.8, M 35mm F2.8, M 50mm F2, Kodak EB-3

category: スローな写真・旅 海外

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cg3338.blog.fc2.com/tb.php/114-a7993582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)