スローシャッター

フィルムカメラでのんびりと写真を楽しんでいます。  旧版は。。。http://blogs.yahoo.co.jp/cg3338

スペイン一人旅 ~その7~ カルモナ街歩き  

今日はセビーリャからバスで50分くらいのところにあるカルモナに行ってきます。セビーリャからコルドバ方面に40キロくらいのところにあるはカルモナはスペインのアンダルシア地方に点在する「白い村」のひとつ。乾いた空気、青い空、白壁の家が続く街並み。。。スペインのもっともスペインらしい街へバスで行くのんびりとした旅です。

カルモナ行のバスです。バスターミナルとは少し離れたサン・ベルナンド駅のバス停からバスは出ています。バス停探すのに結構苦労しました。


バスは高速道路を快調に飛ばしてゆきます。


今日もいい天気。カルモナに到着です。


カルモナの旧市街の入口にあるサン・ペドロ教会。この美しい塔はあのセビーリャのヒエルダの塔を真似て造られました。


セビーリャ門を抜けると旧市街です。

城壁の中の旧市街は白い壁の路地が続きます。




旧市街の真ん中にあるサン・フェルナンド広場にやってきました。午前中の人が少ない静かな広場です。


広場のすぐ近くにある市場。回廊に並ぶ柱が作り出す影がなんとなくいい感じ。


市場を一人ぼっちで歩く犬。飼い主からはぐれたのかな。


デスカルサス修道院。バロック様式の18世紀にたてられた建物です。


旧市街の端の高台までやってきました。振り返るとデスカルサス修道院の塔が見えています。




旧王城の中庭です。いまはパラドールと呼ばれるホテルになっています。




パラドールから眺めるアンダルシアの大地の眺めです。




旧市街の街歩きを続けます。


路地の隅々まで明るい白壁の路地。


停めてあるバイクまで白。なんだか統一感があります。


こちらはツーリストのバイク。


サン・フェルナンド広場に面したレストランでお昼御飯です。




お昼の後は街歩きをしながらバス停に戻ります。




白い村はパティオに続く柵も白。






時間は午後の2時半。セビーリャ門に戻ってきました。


これからバスでセビーリャに戻ります。


もうすぐセビーリャのバス停に到着です。


バスを降りてセビーリャの街を歩きます。




セビーリャ大学の校舎の中を抜けて歩きます。校舎は小説カルメンの舞台として知られる18世紀に建てられた旧王立タバコ工場だったところ。


セビーリャを流れるグアダルキビル川です。右手に見えるのが黄金の塔と呼ばれる建物。13世紀に建てられた川の検問所だった建物。今は博物館になっています。


川沿いの広い通りをのんびりと歩きます。




しばらく歩くと見えてきたのが闘牛場。


路地で見かけたパティオに続く柵。凝ったデザインがとても素敵。


大きなデパートにやってきました。エル・コルテ・イングレスといスペイン最大デパートです。時計売り場をぶらぶらしてみます。


最近はシンプルな時計が好みになってきましたが、こうゆう時計も昔は好きでした。


今日の晩御飯はデパートのレストランでラザニアです。


少し暗くなりかけた街を歩いてホテルに戻ります。




ホテルに戻ってきました。バスで巡る旅は明日も続きます。。。


ASAHI PENTAX KM, PENTAX-M 28mm F2.8, M 35mm F2.8, M 50mm F2, FA 77mm F1.9 Limited, Kodak EB-3

category: スローな写真・旅 海外

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cg3338.blog.fc2.com/tb.php/234-7a39d2a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)