スローシャッター

フィルムカメラでのんびりと写真を楽しんでいます。  旧版は。。。http://blogs.yahoo.co.jp/cg3338

スペイン一人旅 ~その8~ セビーリャからロンダへ  

今日はセビーリャからロンダに移動します。ロンダはロンダ山地を流れるグアダレビン川の浸食によってできた深い峡谷の上に広がる町。景観が素晴らしい断崖絶壁の町に期待が膨らみます。

バスターミナルに来ています。ロンダまではバスで2時間。60人以上は乗れそうな超大型バスに乗ってロンダへ向かいます。


バスはロンダへ向けて山岳地帯を走ります。


10時に出発したバスは1時間45分でロンダのバスターミナルに到着。


バスターミナル前です。今日もいい天気に恵まれました。


ちょうどお昼になったので近くのカフェで一休みです。
ホテルに向かってロンダの新市街を歩きます。




新市街と旧市街を隔てる谷にかかるヌエボ橋です。18世紀に完成したこの橋の高さは100メートルもあります。


橋の上からの景色です。


橋を渡って旧市街にあるホテルに到着です。




ホテルのパティオ。


ロンダの街はこのような断崖絶壁の上に広がっています。


ヌエボ橋がよく見えるところまで崖を降りてきました。


橋の下まで続く道を歩きます。崖の上から石が落ちてきそうなコワイ道です。


橋の真下にやってきました。あまりにも橋に近くて橋の全体が写りません。


橋をくぐって川の上流側から見た景色です。なかなかのダイナミックな景色に感動です。


コワイ道を戻ってきました。これは崖に残る城壁跡から望む橋の景色。


橋と反対側の景色。遠くの山が一望できる眺めのいい景色が広がっています。


一頭の馬とヌエボ橋の風景。


こちらは新婚カップルとヌエボ橋の風景。


崖の下の山道を歩いてみました。ロンダの街がある崖が目の前に広がります。


山道を戻って崖の上に戻ってきました。崖の上の旧市街の外れで見つけたトライアルバイク。


旧市街を歩いてみます。


郊外に広がる街の景色。白壁の家々が連なる風景が広がっています。


イスラム時代の遺跡。13世紀から14世紀あたりのアラブ浴場跡です。


ロンダの街から望む遠景。


新市街にやってきました。石畳が続く道を歩きます。




ヌエボ橋に戻ってきました。一旦ホテルにもどって休憩します。


時間は夕方の6時。新市街にある闘牛場にやってきました。


闘牛場の中に入って見学します。ロンダの闘牛場は1785年に造られたスペイン最古の闘牛場のひとつ。闘牛で見られるあの赤い布を考案したフランシスコ・ロメロはこの町で生まれました。




レストランを探して街歩きを続けます。


広場に面したレストランで晩御飯です。今日のラザニアはなかなか美味しかった。


レストランを出たらすっかり暗くなっていました。


美しくライトアップされたヌエボ橋。橋を渡ってホテルに戻ります。


ASAHI PENTAX KM, PENTAX-M 28mm F2.8, M 35mm F2.8, M 50mm F2, FA 77mm F1.9 Limited, Kodak EB-3

category: スローな写真・旅 海外

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cg3338.blog.fc2.com/tb.php/235-c24eff2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)