スローシャッター

フィルムカメラでのんびりと写真を楽しんでいます。  旧版は。。。http://blogs.yahoo.co.jp/cg3338

スペイン一人旅 ~その11~ グラナダ二日目  

グラナダ二日目です。今日はアルハンブラ宮殿を見学します。アンダルシア一番の観光の目玉、グラナダのアルハンブラ宮殿ですがチケットの予約をしていません。事前に日本で予約しようとしましたが良い日程のチケットは売り切れ。当日のチケットを買うしかないのですが、いろいろ事前に調べて必殺技(?)があるのがわかりました。今日は早めに起きてアルハンブラ宮殿に行ってまずはチケットをゲットします。

アルハンブラ宮殿のチケット売り場です。時刻は7時45分まだ暗いです。既にチケット売り場には長蛇の列が。。。その列を通り過ぎで奥にあるクレジットカードのチケット販売機に並びます。なぜかここに並ぶ人は数人だけ。午前8時の販売開始から30秒後には今日のチケットを簡単にゲットできました。(この方法、当日券の枚数とかいろいろ制限があるのかもしれません。)


まだ薄暗いアルハンブラ宮殿の庭園を眺めながらナスル朝宮殿を目指します。見学は時間制になっていてここから入場します。


アルハンブラ宮殿の一番奥のアルカサバにやっと日が差してきました。


アルカサバにあるベラの塔です。ここからはグラナダの街並みが一望できます。


アルカサバから眺めるアルバイシンの街並みです。朝日を浴びて白壁が一層輝いています。
9時半になりました。ナスル朝宮殿の入口です。ここでチケットに書いてある入場時間に合わせて入場します。


メスアールの間です。宮殿の現存するもっとも古い部分です。


となりの大使の間です。


ここからはアルバイシンの街が見渡すことができます。


宮殿の中心部であるコマレス宮のアラヤネスの中庭です。


アラヤネスの中庭にある青い池です。


反対側から見た青い池です。青い池の奥がコマレスの塔。


青い池に映るコマレスの塔。


宮殿に住む鳩。緻密な壁の装飾がとても美しいです。


ライオン宮にやってきました。


ライオン宮の中庭にある12頭のライオンの噴水。修復のために撤去されていたライオンたちも元の場所に戻っていました。


124本もの特徴的な白大理石の列柱で囲まれた神聖な空間。


こちらは修復中の様子です。


リンダラハの中庭にある噴水です。






パルタル庭園から望む貴婦人の塔。


パルタル庭園に咲く花。


こちらはカルロス5世宮殿です。一階は博物館、二階は美術館になっています。


アルハンブラ宮殿の中の見学を終えてヘネラリフェに向かいます。写真はサンタ・マリア教会です。






アルハンブラ宮殿の外にあるナスル朝の夏の別荘であるヘネラリフェにやってきました。噴水はシエラ・ネバダ山脈の雪解け水を利用したもので「水の宮殿」と呼ばれています。


ヘネラリフェから見下ろすアルハンブラ宮殿。イスラム文明の輝かしい幻想世界に魅了されたひと時でした。


裁きの門から外に出てアルハンブラ宮殿を後にします。


ゴメレス坂を下りてグラナダの街に戻ってきました。


お昼もすっかり過ぎてお腹が空いたのでバルで一休みです。


一旦ホテルに戻って休憩します。グラナダの街は10月になっても真夏の暑さ。霧の噴射が暑さを和らげています。


休憩を終えてホテルの向かいにあるスーパーにやってきました。


生ハムもたくさんありました。買っても日本に持って帰られないのが残念。


夕方になりました。グラナダの街歩きをしています。




グラナダの街の中心にあるカテドラルです。


昨日も来たサン・ニコラス展望台にやってきました。


アルハンブラ宮殿とグラナダの街の夕暮れをゆっくりと眺めます。




グラナダの街に戻ってきました。




今日はチキンポテトとワインでグラナダの夜に乾杯です。




ASAHI PENTAX KM, PENTAX-M 28mm F2.8, M 35mm F2.8, M 50mm F2, FA 77mm F1.9 Limited, Kodak EB-3

category: スローな写真・旅 海外

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cg3338.blog.fc2.com/tb.php/238-b9a2dd74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)