スローシャッター

フィルムカメラでのんびりと写真を楽しんでいます。  旧版は。。。http://blogs.yahoo.co.jp/cg3338

2015年 台湾の旅 ~その10~ 二二八和平公園散策&廸化街  

昨日で台鉄乗り鉄&撮り鉄の旅は終了。
お疲れ気味の体を休めるために、今日は台北市内をぶらぶらと散策します。

台北駅近くの二二八和平公園内に建っている台湾国立博物館です。日本統治時代の1908年建築。
10_01_img806_re560.jpg

二二八和平公園は日本統治時代の1908年に開園した台湾で最初のヨーロッパ風近代的都市公園。中国式の立派な楼閣と木々の木漏れ日が目に優しい都会のオアシスです。
10_02_img807_re560.jpg

楼閣を通り過ぎて振り向くと、台北駅前の新光三越デパートが入る高層ビルが見えます。左側のドーム型の屋根が博物館です。
10_03_img811_re560.jpg

南国らしい公園の風景。
10_04_img810_re560.jpg

木に隠れてよく見えないけど二二八和平記念碑が見えます。
10_05_img809_re560.jpg
公園内にある台北二二八記念館です。
10_06_DSC_2987e_re560.jpg

館内の二二八事件を説明する展示パネル。
10_07_DSC_2995e_re560.jpg

二二八事件について。。。第二次大戦終結にともない日本から中国国民党政府の統治に変わって2年目の1947年2月28日に事件が発生。闇タバコ売りの女性が警察に取締りを受け暴行され、それを見た周囲の民衆が助けようと集まったのがきっかけで、警察側が発砲し市民の一人が死亡。中国からやってきた国民党と台湾本土の人民との間の文化の違い、言葉の壁、台湾本土の人民への差別など、つのる不満が爆発。中国からやってきた外省人と、台湾本土の本省人が台湾全土で衝突するに至りました。事件の際発令された戒厳令は40年後の1987年まで継続し、恐怖政治によって多くの台湾人が投獄、処刑されました。  現在の台湾は民主主義が発達した立派な国家。でも歴史を少しさかのぼると恐怖政治の時代があったのです。

午後からは、乾物の問屋街「廸化街」に再度買い出し。
10_08_img812_re560.jpg

買い物の前に小腹が空いたので腹ごしらえです。
10_09_DSC_3026e_re560.jpg

白身魚の揚げ物と細麺のコンビ。絶妙の味です。
10_10_DSC_3029e_re560.jpg

ドライフルーツとカラスミを購入。写真はイメージです。(笑)
10_11_DSC_3041e_re560.jpg

廸化街の猫たち。。。
10_12_DSC_3044e_re560.jpg

夜は台湾大学の校友会館内にある浙江料理レストランで一人晩餐です。
10_13_DSC_3054e_re560.jpg

10_14_DSC_3057e_re560.jpg

RICHO GR1, Kodak CG400
Sony XPERIA Z3

category: スローな写真・旅 海外

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cg3338.blog.fc2.com/tb.php/365-8e64ce23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)